プロ家庭教師と予備校!医学部受験にのどちらを選ぶのか?


プロ家庭教師と予備校、医学部受験にどちらを選ぶのか?この両者のメリット、デメリットを大変分かりやすく書かれている「私立医学部受験専門プロ家庭教師メガスタディ」のサイトから引用してまとめさせていただきます。

プロ家庭教師,医学部受験,予備校,クレスト,評判,口コミ,家庭教師のメリット,私立医学部家庭教師,専門家庭教師,東京,神奈川,千葉,埼玉,茨城,数学,評判,プロ,口コミ,受講料,医学部受験専門家庭教師,プロ家庭教師医学部受験, 医学部専門家庭教師,医学部再受験個別指導,医学部予備校個別指導

上記をご覧の通り、家庭教師の特徴とメリットは下記の通リです。

●1対1のマンツーマン指導
●自分のペースでできる
●一人ひとりに合わせてオーダーメイドカリキュラムを作成
●苦手分野を集中的に対策できる
●質問はその場でできる
●家庭学習の管理を家庭教師が行う

これに対し、予備校は「集団指導なので周りの生徒との競争意識が生まれる」等は大きな特徴でありメリットといえます。

しかし、「競争意識」は、大きなモチベーションとやる気を持って取り組んでいる生徒さんの場合は大きな効果を生むでしょうが、

家庭学習の管理をなかなか自分ではできないような生徒さんの場合はどうでしょうか?

そこで、予備校が合う受験生、家庭教師が合う受験生のそれぞれのタイプについてまとめられている表も大変参考になりますので引用させていただきます。

プロ家庭教師,医学部受験,予備校,クレスト,評判,口コミ,家庭教師のメリット,私立医学部家庭教師,専門家庭教師,東京,神奈川,千葉,埼玉,茨城,数学,評判,プロ,口コミ,受講料,医学部受験専門家庭教師,プロ家庭教師医学部受験, 医学部専門家庭教師,医学部再受験個別指導,医学部予備校個別指導

上記のように、家庭教師が向いているのは、「基礎的なことができていない」「勉強のやり方が分からない」「医学部(志望校)に届いていない」という受験生といえます。

さて、

予備校に通いながら、苦手科目だけ家庭教師を依頼するケースも多いように思います。

しかし予備校と家庭教師のダブル利用は学習のその量と項目の多さで消化不良が起こってくるケースも指摘されています。

計画通りに進まない・・・それ以前に予備校と家庭教師を両立させる事にエネルギーを使ってしまい、そもそも学習の計画自体にリアリティが感じられず、消化不良からモチベーションが下がってしまう・・・という事も大いに考えられます。

ですのでもし私立医学部で志望校も明確に決まっているのであれば、

●合格に必要最低限のマンツーマンオーダーメイドカリキュラム

●質問や不安はその場で解決し不安は残さず達成感を積み重ねる

●学習の管理はプロ家庭教師と二人三脚で行う

私立医学部専門家庭教師のメガスタディを利用する事が最も大きな効果をストレス少なく生んでくれるのではないでしょうか

東京、千葉、埼玉、横浜の首都圏で唯一の私立医学部受験専門家庭教師で茨城県の一部にも対応しているようです。

メガスタディからの合格者の90%は、合格圏外からの医学部合格です。

受験勉強は根性が必要ですが、根性が全てでは決してありません。

前向きに、自信をつけて、達成感を持って持続て継続してやっていく事、

そして受験校の試験傾向に合わせた的確な学習法が一番大切な事です。

  
【関連タグの付いた記事一覧】

私立医学部受験プロ専門家的教師メガスタディ

  
医学部受験プロ専門家庭教師、個別指導塾予備校まとめ(TOP)

サイトマップ